ALT・GPTが高い場合、何を食べると下げることができる?

ALT・GPTの数値が以上に出てしまった。
ALT・GPTの数値を正常に戻したい。
好きなものを食べ、好きなものを飲める自分を取り戻したい。
そんな方々に、数値を下げる効果がある食べ物をご紹介していこうと思います。

 

■ALT・GPTの数値を下げるにはどうすればいいのか

 

下記のような事がALT・GPTを下げるのに必要です。

 

・アルコール摂取量を減らす。
・カロリーの高いもの、脂肪分の高いものの摂取を控える。
・肥満やメタボが疑われる場合は、ダイエットをする。
・毎日、適度な運動をする。

 

これらの基本的なことこそ重要なんです。

 

■肝臓に良い成分を摂取し、ALT・GPTの数値を下げる

 

生活習慣を見直す必要があっても、急には変えられないといった方々へ。
そんな方にオススメなのが、なるべく食生活の改善を意識した食事を取ること。
下記に肝臓の働きをサポートする成分を記します。

 

・タウリン  ・ウコン
・オルニチン ・アスタキサンチン
・アルギニン ・レシチン
・セサミン  ・ローヤルゼリー
・サポニン

 

■タウリンが豊富な食材と効果

 

タウリンを多く含む代表的な食材は
・しじみ・牡蠣・ウコン・ごま・レバー
などです。
これらの食材の効果を下記に記します。

 

・しじみ
しじみ100gあたり15mgほど含まれているアルニチンが二日酔いの原因となる
アセトアルデヒドが解毒する作用を持っています。
また肝臓の本来の力である、アルコールの分解能力を回復させる効果もあります。

 

・牡蠣
牡蠣100gあたり1130mgも含まれているタウリンには、身体や細胞を正常に戻していく作用があります。
また、肝臓から分泌される胆汁酸の量を増やし、肝臓に溜まっている中性脂肪やコレステロールを排出します。アルコールの分解や解毒など肝臓本来の機能の回復をさせていきます。

 

・ウコン
肝臓の解毒機能を高める作用を持つクルクミンが多く含まれます。
胆汁の分泌を活発にすることで、糖質の分解力を高めるといった作用をもたらします。

 

・ごま 
肝臓に直接運ばれる性質を持つセサミンが多く含まれます。
これが直接作用することで、肝臓の働きを高めたり、アルコール代謝に関わる酸素の働きも活性化させます。

 

 

関連ページ

考えられる病気一覧
ALT(GPT)の放置・未対策で引き起こされやすい病気についてのページ。