GPT・ALTを下げたい・・・そんなあなたにお勧めの情報

ALT・GPTという言葉を耳にされたことはありますか?
これは、肝細胞に存在する酵素です。アルコールやウイルスなどで
肝細胞が障害を受けると、このALTが血液中に流れ、数値が上昇します。
ALTはほとんどが肝細胞のに存在しています。
この数値が高いということは肝細胞が障害をうけている可能性が高いです。
今回はこのALT・GPTの数値を下げる方法について解説していきます。

 

■ALT・GPTを下げる食生活
肝臓の数値を改善する為には食生活の見直しをすることが大切です。
バランスの良い食事を心がけ、炭水化物やタンパク質、脂質はとり過ぎないように
注意し、野菜を多く、肉より魚を食べるようにしていきましょう。
年齢や性別にあったカロリーに抑えることも重要となります。

 

お酒はなるべく控えましょう。 最低でも週に2日はお酒を控えるべきです。

 

そして油分や肉類、乳製品。特に揚げ物等も控えましょう。

 

■ALT・GPTを下げる為に行いたい運動の重要性
日ごろから適度な運動により筋肉を鍛えることは、肝臓にとって大事なことです。
筋肉は第2の肝臓と言われます。
理由として、筋肉は肝臓が弱った際、糖・アミノ酸の代謝を促し、有害物質の分解を
助けてくれるからです。
肝臓内に溜まった中性脂肪は、運動で減りやすいという特徴があります。

 

カロリーを消費するのにベストな運動は長時間の歩行や水泳などです。
無理をしなくとも長く続けられる運動(有酸素運動)が最適です。

 

ちなみに短時間で激しく汗をっかくような運動は身体の脂肪はほとんど使われないので
しっかり長く続けられる運動を行いましょう。
最大心拍数の50%程度の有酸素運動を1日30分以上、
週3回以上できるよう心がけましょう。

 

 

■効率よく数値を下げるサプリメントの有効性
肝機能サプリメントはなんといっても手軽さと栄養素が最大の魅力です。
ALT・GPTの数値を下げる為に日ごろの食生活を心がけるのもいいですが
手軽さに対する栄養素量、時間的にも調理的にも圧倒的にサプリメントに軍配があがります。
肝臓は症状が少なく身体に異変がおきてもすでに末期の癌という場合も少なくありません。
ALT・GPTの数値が高値だった場合、それは肝機能の低下が考えられます。
お酒やタバコ、不摂生な食生活。
現代において毎日バランスの取れた食生活をとるのは難しいはずです。
仕事のお付き合いもあるでしょう。
そこでオススメなのがサプリメントタイプの商品です。
オススメな理由を3つあげます。
@成分
肝臓に効く代表的な食品は「しじみ・牡蠣」などです。
しじみ・牡蠣には肝臓に良い成分が多量に含まれています。
わざわざしじみや牡蠣を食べずとも成分のみを補給することが出来るからです。

 

A手軽さ
しじみや牡蠣を毎日食べることが出来る人は少数派です。
持ち運びも便利で手軽に成分を摂取できるので、お酒を飲みすぎたときでも大丈夫です。

 

B経済性
しじみや牡蠣を毎日食べようと思うと価格からして経済的に厳しいです。
調理の手間もかかりますし。
付き1000円以下で手ごろにお買い求めできるのであればサプリメントを選んだほうが
お得です。

更新履歴